快適生活NET

快適生活NET

快適生活NET:生活を快適にする家電や道具などをご紹介します!

驚くほど便利で安全な生活ができるようになる家電や道具などをご紹介しています。

新発売! ケノンブランドの「ケノンヒーター」KH358-01

新着!昨年2020年12月に新発売の「ケノンヒーター」 KH358-01

あの「美容器ケノン」で有名なケノンブランドの暖房器具です。

遠赤外線+輻射熱+自然対流のトリプル暖房で、乾燥しない、喉が痛くならない、子供や高齢者にも安全なセラミックパネルヒーターを備えた暖房器具です。

しかも、モーターファンを設けていない暖房器ですから、非常に静音です!

さらに、その外観、デザイン! すばらしい! 

こんな美しい暖房器具、見たことがありません!

カラーは、2色が用意されています。ピンクゴールドとパールホワイトです。

ケノンヒーター

しかし、お値段がちょっと高い!

高いけど、どうしても欲しくなる「ケノンヒーター」です。

詳細はこちらに >> 「ケノンヒーター」 KH358-01の詳細をまとめました!

▼ 暖房器具 

理想的な暖房器具は、「価格」が安くて「暖房効果」が良いもの、であることは間違いないと思いますが、これらの条件は両立することなく、相反するのが現実ですね。

実際に、広告や口コミを調べると、電気代が安い、すぐ暖まる、空気を汚さない、といった暖房器具の特徴をうたっている情報を目にしますが、これらの二つの条件、「価格」が安くて「暖房効果」が高いという万能の暖房器具は実現するのがなかなか難しそうです。

そこで、暖房器具を購入するときは、用途に応じて暖房器具を使い分けることが大切になります。そのために、このページでは暖房器具の種類と特徴などについてまとめてみました。

部屋全体を暖める暖房器具

部屋全体を暖める暖房は、メイン暖房とも言います。

この暖房は、寒冷地や広い家には必須の暖房器具となります。地域によっては、冬の間にや日中、つけっぱなしになることもありますので、できるだけ安い燃料費で効率的に温めることができる暖房器具が望まれます。

部屋全体を暖める暖房は、「対流式暖房」と「輻射式暖房」に分けられます。

部屋全体を暖める、対流式暖房

暖房器具内で温めた温風を部屋全体に対流させることによって室内を温めるようにした暖房器具です。

代表的なものとしては、

  • ・エアコン
  • ・石油ファンヒーター(灯油ファンヒーター)
  • ・ガスファンヒーター

この対流式暖房は、器具の中で暖めた空気をファンによって排出する仕組みとなります。

電気代や燃料費などの維持費が比較的安く、しかも比較的短時間に暖かい空気を感じられることがメリットで、マンションなどの気密性が高い環境では最も一般的に使用されています。

部屋全体を暖める、輻射式暖房

暖房器具から発せられた輻射熱を利用する暖房です。

代表的なものとしては、

  • ・オイルヒーター
  • ・パネルヒーター
  • ・蓄熱暖房
  • ・セントラルヒーティング
  • ・石油ストーブ(灯油ストーブ)

暖房器具から発生した輻射熱を受けて、床や壁自体が暖められます。対流式暖房のように室内に空気の流れが生じることなく、部屋全体がじんわりと暖かくなるのが特徴です。

ただし、この輻射式暖房は、暖かい空気を強制的に部屋全体に送り込むものではないため、部屋全体を暖めるのに時間がかかるというデメリットがあります。

また、電気代や燃料費などの維持費用が高くなり、長時間の使用で光熱費が高額になるのがデメリットです。

部屋全体を暖める暖房器具の具体例

石油ファンヒーター

灯油を燃焼させて作った熱をファンを回すことによって送り出す暖房器具です。
「対流式」の房器ですばやく部屋を暖めることができます。
燃料は灯油ですから、維持費は安価で、燃焼に伴い水蒸気が発生するためエアコンに比べて乾燥しにくいというメリットがあります。

ガスファンヒーター

都市ガスなどを利用し、ガスを燃焼させて暖める暖房器具です。ガスホースによって本体とガス栓を 接続する必要があり、設置できる場所が限られてくるのが難点。しかし設置してしまえば手間があまりかからないなどのメリットもあります。 ガスは常に供給されるため、石油暖房に比べると燃料交換が楽です。また臭いも灯油に比べて気になりません。

オイルヒーター

本体内の難燃性オイルを電気によって温め、循環させるという暖房器具です。輻射熱による暖房なので空気を汚さず、 また高温にならないため火傷の心配もありません。立ち上がりは遅いですが、冷めにくく、じんわりと優しい暖かさを提供します。 電気代は比較的高めです。

部屋の一部を暖める暖房

部分暖房は、メイン暖房だけではカバーしきれないスポットを補助的に暖めるための暖房です。地域や生活環境によっては、部分暖房だけで事足りる場合もあります。
部分暖房は「対流式」と「輻射式」、そして「熱伝導式」の3種類に分けられます。

部屋の一部を暖める、対流式暖房

対流式の部分暖房は、ごく狭い空間を暖めるために使います。代表的なものとしては、「セラミックヒーター(電気ファンヒーター)」が挙げられるでしょう。

電気ファンヒーターは電気によってセラミックパネルを暖め、パネルによって暖められた空気をファンで吐き出す仕組みです。本来は灯油ファンヒーターやガスファンヒーターの欠点を補う「空気を汚さない暖房器具」ですが、消費電力が大きい(電気代が高い)ため、部屋全体を暖めるにはコストパフォーマンスに難点があります。

しかし、器具そのものがコンパクトであり、狭い部屋をすぐに安全に暖めることができるのは、大きなメリットでしょう。脱衣所やトイレなどで有効活用しやすい暖房器具です。

部屋の一部を暖める、輻射式暖房

器具の中に、いかにも暖かそうな赤い光を発する熱源があり、光にあたった部分が直接熱をもつ仕組みです。熱源のすぐ近くは熱く感じるほどです。代表的なものとしては、

  • ・こたつ(熱源部分)
  • ・ハロゲンヒーター、カーボンヒーター(電気ストーブ)

「食卓用」「キッチンの足元用」など、ごく狭い範囲で快適な暖かさを得ることができますが、空気そのものを暖める力は弱く、器具から離れると暖かさを感じることが全くできなくなります。

部屋の一部を暖める、熱伝導式暖房

熱源に触れたものを暖めるのが「熱伝導式暖房」です。代表的なものとしては、

  • ・こたつ(布団あり)
  • ・ホットカーペット
  • ・電気毛布
  • ・あんか(電気湯たんぽ)

補助暖房の多くが熱伝導式です。
部屋が寒くても、その暖房器具の有効範囲内はとても暖かくて快適です。また、消費電力が小さいため電気代が安く、気軽に使える点も大きなメリットと言えます。
一方で、暖房器具から離れると全く暖かさを得られないため、その場から離れにくくなるというデメリットがあります。

部屋の一部を暖める、部分暖房の具体例

電気ストーブ

ニクロム線やカーボン、ハロゲンランプなど、電気を通すことで発熱する物質を利用した暖房器具です。遠赤外線によって対象を暖める「輻射式」と呼ばれるタイプで、風や気温の影響によって暖かさがダウンすることがありません。熱源によってカーボンヒーター、ハロゲンヒーター、遠赤外線ヒーターなどの名称になります。速暖性が高く、機器代金が比較的安く済みます。また燃焼を伴わないので臭いもありません。ただ消費電力は比較的高めです。

また、機種によってはヤカンなどに水を入れて湯を沸かすことで室内の乾燥を防止することもできます。

セラミックファンヒーター

電気だけで温風を出す暖房器具としての安全性に優れています。 人感センサー、加湿器機能などの付加機能が充実しています。 暖房能力が弱いので、広い部屋には不向きです。 狭い部屋、安全性が求められる部屋の暖房器具にはおすすめします。

ガスヒーター(ガスボンベ式)

カセットボンベを利用し、ガスを燃焼させて暖める暖房器具です。電池や電源コードが不要で、替ガスボンベの入手・交換が手軽。アウトドア、スポーツ観戦などの他、地震などの非常時にも重宝します。


【関連記事】